top of page

演題募集

事例検討、一般演題(ポスター発表)を公募いたします。
現場での実践事例をポスターの前でわいわいガヤガヤ検討しましょう!
事例検討会でのじっくり議論をご希望の方も、演題登録ページからご登録ください。
※学会最終日に事例発表賞、一般演題ポスター賞を表彰いたします。

演題募集期間:2024年8月1日(木)正午~9月30日(月)正午

締切日の時間を過ぎますとシステムが終了いたしますので、以降の訂正・登録削除はできません。

​登録方法

  • インターネットを利用したオンライン登録のみとなります。ご登録時にはJSISH会員番号が必要です。
    本ページの最下部のボタンからご登録下さい。

  • 筆頭演者は会員に限ります。共著者は非会員でも支障ありません。

  • オンライン登録を利用できない方は運営事務局へご連絡ください。

募集内容詳細

  • ご登録時に事例検討、一般演題(ポスター発表)のどちらに登録をするか、選択してください。

  • 抄録は、事例検討希望 1,500字~2,000字、ポスター希望 600字~1,200字でお願いいたします。

  • 事例検討の応募が多数の場合は、ポスター発表となる場合があります。

事例検討 

  • 従来から JSISH ISD 事例研究会で行われていた内容の縮小版です。

  • 発表10分、討議20分と十分な時間を費やし、演題発表について会場の皆さんや大会長とじっくり議論しましょう。

 一般演題(ポスター発表) 

  • 教育的な新しい取り組み、その評価について、研究レベルの発表、現場での実践事例、どんな内容でもお待ちしています。ポスターの前で緊張しない雰囲気でわいわいガヤガヤ検討しましょう。​

事例検討の選考基準

事例検討会の演題採択は、以下の基準をもって採点し選考を行います。

  • 了解性:論旨の展開が十分理解しやすく、順序だてて(「背景」「目的」「方法」「結果」「考察」「結語」)

        明瞭に記述してあること。 

  • 新規性:内容が既発表や既知のことではなく、オリジナリティや新たなアイデア、おもしろさがあること。

  • 信頼性:抄録の論旨が通っており、前提・結論等を信頼し得る根拠が示されていること。

  • 有効性:抄録の内容が学術や職能団体、組織や領域への発展になんらかの意味で役に立つものであること。

  • 汎用性:内容における成果が、多くの人・組織が応用できるものであること。

​表彰

事例検討会演題、ポスター発表演題の優秀演題に対して、事例発表賞、ポスター賞を発表します。

受賞は以下の基準によって選出します。

<事例発表賞>

  • 了解性、新規性、信頼性、有効性、汎用性

  • 当日の討議内容や発表内容のブラッシュアップ

<ポスター賞>

  • 了解性、新規性、信頼性、有効性、汎用性

  • 図式等を用い、見やすくわかりやすいポスターである

  • 部署やチームにおける活動の発表である

  • 総会参加者の反応

※ご登録開始までしばらくお待ちください
演題登録ページ ⇒⇒
bottom of page